お問い合わせ | English

社会実装機関

概要

 社会実装機関は気候変動への対応策を社会実装するために基本となる枠組みを構築します。そのために、利用者となるモデル自治体、ニーズ自治体及び企業から直接情報収集を行い、社会経済シナリオの作成や定量的な指標の収集・活用、そしてニーズに合致した複数の気候変動適応策の現実的なシナリオを作成します。

 また、適応策の社会実装の思考と枠組みの発展のために全国の地方自治体が主体的にかつ適切な適応策の策定ができるような計画手法の構築や普及・活用を支援します。

 これにより、日本での気候変動適応社会の定着が進むとともに、気候変動適応研究の活性化と社会への活用・還元が促進されます。

主管社会実装機関

津田 博司(科学技術振興機構)

共同参画機関

田中 充(法政大学)、亀井 雅敏(リモート・センシング技術センター)

|