お問い合わせ | English

佐賀県 モデル自治体

概要

佐賀平野は、軟弱な粘性土地盤で、かつ海抜ゼロメートル地帯です。そのため、洪水や高潮に対して非常に脆弱であり、将来強大な自然災害が発生した場合に甚大な被害を被る可能性があります。
こうした被害の低減のために、佐賀県は台風や洪水等の自然災害被害について佐賀平野を対象に様々なシミュレーションを行い、気候変動に対する適応策を検討します。

主管実施機関

橋本 典明(九州大学)

取り組み

未曾有の洪水・高潮被害を見据えて

九州大学 アジア防災研究センター教授 橋本典明

佐賀平野の大半は海抜0m以下の低平地、強大化する台風の影響で一旦洪水や高潮が発生すれば甚大な被害は免れ得ない。 この様な被害を少しでも減らすためにより詳細なシミュレーションを行っていきたい。

佐賀県 県土づくり本部 河川砂防課技術監 廣松洋一

災害の被害を減らすためにはいつ何をしたら良いか前もって計画を立てることが最重要。災害の規模はもとよりそれがどのように変化していくのか今まで欲しくても得られなかった詳細な情報を基にして、減災に努めたい。

主な成果

平成27年度

①モデル自治体が必要とする情報の明確化

モデル自治体である佐賀県および国などの関連機関との協議・情報交換を行い、また技術開発機関・社会実装機関と意見交換を行った。その結果、実効性のある気候変動適応策を検討するためには、従来の浸水想定図の様な情報では不十分であり、洪水や高潮に伴う浸水状況の時・空間的な変動状況など、より高精度で高解像な情報が不可欠であるという認識を確認した。

②必要なデータの収集と数値シミュレーションのための計算環境の整備および試算の実施

平成28年度以降に実施する高潮および洪水シミュレーションのために必要なデータの収集と計算環境の整備を行った。また、数値シミュレーションの境界条件等の検討を行い、幾つかのケースを対象として試算を実施した。

発表論文

①横田雅紀・中尾直幸・児玉充由・橋本典明・山城 賢 (2016).
 日本周辺における台風来襲特性の将来変化に関する検討
 土木学会論文集(海洋開発)

②山城 賢・百合野晃大・横田雅紀・児玉充由・橋本典明 (2016).
 非構造格子海洋流動モデルによる高潮氾濫シミュレーション
 土木学会論文集(海岸工学) ※査読中

研究構成

|