お問い合わせ | English

岐阜県 モデル自治体

概要

 気候変動による水害や土砂災害といった自然災害のハザードの変動だけでなく、人口減少や高齢化といった人口構成の変化が地域にもたらす影響も考慮した総合的なリスク評価を行い、気候変動と社会構造の変化に適応するための方策について、行政と研究機関が一体となって、検討を進めてきました。
 SI-CATにおける行政-大学研究者-地域の連携の枠組みを活かし、地域における気候変動適応のグッドプラクティスを進めてまいります。

取り組み

人口動態を見据えた防災対策

岐阜大学 流域圏科学研究センター准教授 原田守啓

岐阜県は洪水氾濫や土砂災害のリスクが高い土地。地球温暖化によって集中豪雨の頻度・強度が増大し、その対策が急がれている。その時、併せて考慮しなければならないのが人口減少の問題。長期的スパーンで二つの問題をにらみ、自然災害のリスクの分布と変化を評価して、現実的な適応策を提案したい。

岐阜県 環境生活部次長 新田 晃

漫然とした不安感だけでは行政は動きたくても動くことができない。具体的な対策を進めていくための科学的な裏付けが欲しかった。研究成果がまとまる前でも、逐次分かったことを教えてもらうことができれば政策に反映していきたい。

主管実施機関

原田 守啓(岐阜大学)

実施体制

岐阜大学、岐阜県、清流の国ぎふ防災・減災センター

主な成果

平成27-28年度

①岐阜県と岐阜大学間の実施体制の構築、情報基盤の構築
②技術開発機関(地域気候シナリオ検討WG)との協働による地域気候シナリオの検討
③アンサンブル気候変動予測データベースを活用した汎用性の高い洪水リスク評価手法・土砂災害リスク評価手法の開発
④社会実装機関との連携による行政ニーズ調査、ステークホルダー調査

平成29-30年度

①技術開発機関(地域気候シナリオ検討WG)との協働による豪雨事例を対象とした高解像度力学ダウンスケーリングに関する技術的検討
②岐阜県事業施策における潜在的適応策の抽出と見える化
③ステークホルダー分析と社会動態予測に基づく地域適応シナリオの提案
④社会動態と自然災害リスク変動のGIS解析と情報創出

発表論文

①原田守啓,丸谷 靖幸,児島 利治,松岡 大祐,中川 友進,川原 慎太郎,荒木 文明(2018)アンサンブル気候変動予測データベースを用いた 洪水頻度解析による長良川流域の温暖化影響評価,土木学会論文集B1(水工学) , vol.74, No.4, I_181-I_186.
②原田守啓・丸谷靖幸・伊東瑠衣・石崎紀子・川瀬宏明・大楽浩司・佐々木秀孝(2018)JRA-55再解析データのダウンスケーリング実験における地形モデル選択が洪水流出解析に及ぼす影響,土木学会論文集B1(水工学) Vol.74, No.5, I_103-I_108.
③丸谷靖幸,原田守啓,伊東瑠衣,川瀬宏明,大楽浩司,佐々木秀孝(2018)気候変動影響評価に向けた気候モデルおよび影響評価モデルの不確実性の関係性の評価,土木学会論文集B1(水工学) Vol.74, No.5, I_109-I_114.
④児島利治,丸谷靖幸,原田守啓(2018)斜面崩壊危険度予測のための20kmメッシュd4PDF確率降雨量のバイアス補正値の提案,土木学会論文集B1(水工学) Vol.74, No.5, I_133-I_138.
⑤丸谷靖幸,原田守啓,伊藤瑠衣,川瀬宏明,大楽浩司(2018)気候変動影響評価に向けた降雨分布の空間解像度が流出解析に与える影響に関する考察,土木学会論文集G(環境), vol.74, No.5, 147-156.
⑥丸谷靖幸,原田守啓,杉本志織,川瀬宏明,佐々井崇博,山崎剛(2018)力学モデルによる近未来気候の超高解像度ダウンスケールシミュレーション,地球シミュレータ公募課題年次報告書 Annual Report of the Earth Simulator April 2017.-March 2018., 55-63.

学会発表

①原田守啓,杉山英夫(2017) 気候変動適応に向けた岐阜の取組み(中間報告),第45回環境システム研究論文発表会,2017/10/21-22 (大阪)
②原田守啓,丸谷靖幸,児島利治 (2017) アンサンブル気候変動予測データベースd4PDFを用いた長良川流域における洪水流出解析,水文水資源学会,2017/9/19-21(北見)
③児島利治,原田守啓 (2017) 20kmメッシュ d4PDF降水データの確率水文量のバイアス補正に関する検討,水文水資源学会,2017/9/19-21(北見)
④Maki KOYAMA, Akiyoshi TAKAGI, Nobuoto NOJIMA, and Harumichi MURAOKA(2017) A Prototype Education Program to Foster Talented People Who Take Actions at their own Initiative for Regional Disaster Prevention, 4th Asian Conference on Urban Disaster Reduction, 2017/11/26-28(仙台)
⑤小山 真紀,髙木 朗義,能島 暢呂,村岡 治道(2017) 清流の国ぎふ 防災・減災センターにおける人材育成プログラムの開発,地域安全学会,2017/11/10-11(静岡)
⑥小山 真紀 ,村岡 治道 ,髙木 朗義,能島 暢呂(2017) 実践的地域防災人材育成プログラムについて―清流の国ぎふ 防災・減災センターの事例―,地区防災計画学会,2018/3/3(高知)
⑦原田守啓(2018)水防災分野における気候変動適応に向けた岐阜の取り組み(ポスター発表),水文・水資源学会,2018/9/12-14
⑧丸谷靖幸・原田守啓(2018)再解析データJRA-55を用いた降雨の空間解像度が洪水流出に与える影響評価(ポスター発表),水文・水資源学会,2018/9/12-14
⑨櫻井まゆ・小山真紀(2019)岐阜県における土砂災害・洪水ハザードと人口の関係について(口頭発表),地区防災計画学会,2019/3/2

研究成果の地域への情報提供・講演等

①2016/6/18 岐阜シンポジウム @じゅうろくプラザ
 岐阜大学が主催するシンポジウムにおいて、SI-CATの紹介を行った。
 講演「いま進みつつある気候変動への適応に向けた岐阜の取り組み」(原田;岐阜大学)
②2016/9/18 NHK岐阜支局 安八水害40周年関連特集にてニュース報道
 岐阜県と岐阜大学が協力して進めている将来の水害リスク予測研究についての紹介を行った。
 (出演者:原田(岐阜大学)、岐阜県県土整備部河川課、庁内連絡会議)
③第1回気候変動を入り口として長良川流域の未来を考えるステークホルダーミーティング 2017/7/6@岐阜大学サテライトキャンパス
 「岐阜県における気候変動影響予測と人口動態予測の現状」 (原田;岐阜大学)
④第1回岐阜の総合治水勉強会 2017/11/20@岐阜大学サテライトキャンパス
 「岐阜における気候変動適応への取り組みについて」 (原田;岐阜大学)
⑤応用気象シンポジウム2017 2017/12/4@岐阜大学サテライトキャンパス
 「気候変動予測情報を活用した影響評価と適応策の社会実装に向けた取り組み」 (原田;岐阜大学)
⑥木曽川下流河川事務所勉強会 2017/12/12@木曽川下流河川事務所
 「木曽三川における中長期的な河川管理の課題」 (原田;岐阜大学)
⑦笠松町防災講演会 2018/1/21@笠松町
 「濃尾平野の地形や気象から笠松の水害を考える」 (原田;岐阜大学)
⑧SI-CAT公開シンポジウム「気候変動と社会構造の変化に適応した地域を目指して〜岐阜からの提案〜」 2018/2/5@岐阜グランドホテル
 約170名の参加者を迎え、本プログラムの研究成果を報告するとともに、気候変動の影響と少子高齢化・人口減少といった社会構造の変化の双方に適応するための枠組みについて、3題の講演とパネルディスカッションを通じて気候変動に関わる岐阜の現状と課題、今後の取り組みについて理解を深めた。
⑨第37回げんさい楽座「気候変動による自然災害への影響と地域社会」内で話題提供@岐阜大学サテライトキャンパス
⑩SI-CAT第3回適応自治体フォーラム(事例報告及びWS参加)@法政大学市ヶ谷キャンパス 
⑪平成30年度定例第2回岐阜県市長会議@瑞穂市
 岐阜県下の全市長が集まる会議にてSI-CATの成果に関する市町村向けの情報提供について説明。
⑫d4PDFの現在と未来を考えるーd4PDFユーザ研究会合―@気象研究所講堂 話題提供
⑬環境新聞掲載【連載】「適応」社会への挑戦~実装の現場から~④岐阜県における行政・大学協働による適応策の推進「共創」の姿勢と方法論が必要に@10月24日付環境新聞 1面
⑭岐阜大学防災シンポジウム@みの観光ホテル飛天の間
 岐阜大学が主催するシンポジウムにおいてSI-CAT成果に関する基調講演
⑮自治体の適応推進に関わる意見交換会(国環研共催)@コンファレンススクエアエムプラス丸の内グランド SI-CAT岐阜の取り組みについて話題提供
⑯岐阜社会基盤研究所 特別講演及び自由討論会@岐阜大学サテライトキャンパス  SI-CAT岐阜の取り組みについて話題提供





研究構成

背景

|