お問い合わせ | English

SI-CATとは

ご挨拶

 SI-CATのプログラムディレクターの木村富士男です。
 地球温暖化に伴い、世界中で極端な気象による災害が増えています。また国内でも夏の猛暑や記録的な豪雨などにより、国民の生命や財産が脅かされる事態が頻発しています。
 SI-CATでは精緻な気候予測や対策の効果を総合的に評価できる技術を地域特性に応じて自治体等と共同で開発し、都市計画や農業はじめ各種産業の将来計画に反映させることにより、これらによる被害を回避、軽減することを目指します。

概要

 気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT: Social Implementation Program on Climate Change Adaptation Technology)は、日本全国の地方自治体等が行う気候変動対応策の検討・策定に汎用的に生かされるような信頼性の高い近未来の気候変動予測技術や気候変動影響に対する適応策の効果の評価を可能とする技術を開発します。

 また、シーズ・ニーズ一体の開発を通じた社会実装の確実な実現を図る事業を実施し、気候変動に伴って増加する極端気象現象(猛暑や豪雨)等への自治体による地域特性に応じた適応策の導入を支援します。

目的・体制等

 気候変動の脅威から住民の安全や資産を守るため、国家プロジェクトとして地球科学、社会科学・人文学等の研究者と自治体関係者等と協力して将来必要となる適応策を見いだし、そのための技術開発を実施します。

 また、気候変動に適応するための様々なニーズを着実にくみ取り、自治体が作成する適応計画や企業における新ビジネスの創出に貢献します。

PD・SPD・AD一覧

氏名(敬称略)所属
PD
1木村 富士男筑波大学 名誉教授 計算科学研究センター 非常勤研究員
サブPD
1三上正男 (一般)気象業務支援センター 振興部 国際業務課長
2栗栖 聖東京大学大学院 工学系研究科 准教授
アドバイザー
1中北英一京都大学 防災研究所 副所長 教授
2三村信男茨城大学 学長
3小池俊雄東京大学大学院 工学系研究科 教授
4太田俊二早稲田大学 人間科学学術院 教授 
5松下和夫京都大学 名誉教授、(公財)地球環境戦略研究機関 シニアフェロー
6松本好司広島県庁 戦略アドバイザー(知事直轄)
7本郷 尚(株)三井物産戦略研究所 国際情報部
8三森輝夫科学技術振興機構 LCS 上席研究員
9沖 大幹東京大学 生産技術研究所 教授
10神田 学東京工業大学 環境・社会理工学院 教授

|