お問い合わせ | English

第3回適応自治体フォーラム 2018年8月28日@法政大学

議事次第

司会:田中 博春(法政大学客員准教授)
10:00~10:05
開会のご挨拶と SI-CAT プログラムのご紹介
 木村 富士男 (SI-CAT プログラムディレクター・筑波大学名誉教授)
10:05~10:10
フォーラム開催の趣旨説明 
 田中 充 (法政大学社会学部教授)
  公開資料
10:10~10:30
話題提供①「近未来予測とダウンスケーリング技術とは?」
 石川 洋一 (海洋研究開発機構 気候変動適応技術開発プロジェクトチーム プロジェクト長)
  公開資料
10:30~10:50
話題提供②「気候変動の影響評価技術の開発」
 肱岡 靖明(国立環境研究所 社会環境システム研究センター 地域環境影響評価研究室 室長)
  公開資料
10:50~11:10
話題提供③「気候変動適応法と地域適応コンソーシアム事業について」
 大井 通博(環境省地球環境局総務課気候変動適応室 室長)
  公開資料
11:10~11:25
話題提供④「大阪市の気候変動適応計画について」
 岡本 充史(大阪市環境施策部環境施策課 課長)
  公開資料
11:25~11:40
話題提供⑤「海外自治体の適応計画事例について(国外適応策自治体ネットワーク調査)」
 内田 東吾(イクレイ日本 事務局長)
  公開資料
11:40~12:00
話題提供⑥「地方自治体における適応計画策定動向とSI-CATにおけるコデザインの展開」
 馬場 健司 (法政大学客員教授・東京都市大学教授)
  公開資料
12:00~12:30
総合討論(質疑と意見交換)
12:30~13:30
休憩(各分科会会場へ移動)
13:30~16:10
分科会(防災、農業、暑熱、適応計画全般)によるワークショップ
 各分科会のファシリテーター:増原直樹、土井美奈子、木村道徳、稲葉久之、小杉素子、吉川真珠美
 ・SI-CATモデル自治体等による社会実装の経験・事例紹介
 ・現在の影響・ニーズとシーズの相互理解
 ・仮想的な適応策(計画)案の検討・地域適応センターの検討
  公開資料1 公開資料2 公開資料3
司会:馬場 健司(法政大学・東京都市大学)
16:25~17:15
各分科会からの報告と意見交換・総合討論
17:15~17:20
総括と閉会のご挨拶
 田中 充(法政大学)

|