お問い合わせ | English

JST広報誌「JST news(未来をひらく科学技術)」に掲載されました。

JST広報誌「JST news」にSI-CAT木村プログラムディレクターのインタビュー記事が掲載されました。

◇社会への架け橋
地球温暖化対策は「緩和」と「適応」の両輪で

地球温暖化対策は、温室効果ガスの排出をいかに削減するかの緩和策が先行してきたが、豪雨や猛暑など気候変動の負の影響に対する適応策と合わせて推進せざるをえない程に切迫している。豪雨に備えた堤防の強化、気温上昇による熱中症の予防、農作物の品種改良などが適応策にあたる。国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)で採択された「パリ協定」にも、各国が気候変動の負の影響に適応する能力を向上させることが明記された。
(JST news 2016年7月号より抜粋)

掲載記事はこちらをご覧ください。

極端現象の分析にとって重要な因果推論手法に関するセミナーの開催について

京都大学学術情報メディアセンターにおいて「極端現象の分析にとって重要な因果推論手法に関するセミナー」が開催されますので、お知らせいたします。
ご興味あるかたはお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

日時:2016年7月12日(火)16時00分~17時30分
会場:京都大学 学術情報メディアセンター北等 4階大会議室

京都大学学術情報メディアセンターのイベント情報はこちら

各自治体の取り組みを映像で紹介します

<SI-CATモデル自治体>

SI-CATで得られた成果は、地方自治体や地方自治体の適応策の検討・策定を支援する関係機関(大学・企業等)、又は技術開発の成果を全国の地方自治体で汎用的に使用できるようにします。
SI-CATで開発された成果を技術開発機関等と協力し、具体的な地域の課題に当てはめて、試行・改良する地方自治体や自治体関連機関を、モデル自治体として採択しています。
ここでは、モデル自治体でもある、佐賀県、岐阜県、埼玉県、長野県のSI-CATで取組む内容等をご紹介します。



公開シンポジウムの開催報告を掲載しました。

 2016年1月26日に公開シンポジウム〜自治体の適応策を支える技術開発を目指して〜(主催:文部科学省 気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)、共催:国立研究開発法人 科学技術振興機構 社会技術研究開発センター)が東京都港区の虎ノ門ヒルズフォーラムで開催されました。

  開会挨拶に続いて、基調講演(2件)、気候変動適応策に関する取組の説明(4件)を行い、その後総合討論を行いました。
 当日は約200名の方にご参加いただき、盛況のうちに終了しました。

 《開催報告はこちらから》

気候変動適応技術社会実装プログラム 公開シンポジウムの開催について

 文部科学省「気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)」では1月26日(火)に公開シンポジウムを開催いたします。

 基調講演には、長野県 中島 恵理副知事、三井物産戦略研究所 本郷 尚シニア研究フェローに御登壇頂き、SI-CATへの期待や気候変動時代のリスクマネジメント等の講演を頂き、総合討論を行います。

 本シンポジウムは、事前登録制(無料)となっております。

 気候変動への適応策を必要とし、また今後実行していく国、地方自治体、企業をはじめ、多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

本シンポジウムは終了いたしました。《開催報告はこちらから》

SI-CATホームページの公開について

 文部科学省では、適応策を必要とする地域を支えるための技術開発と、その導入を支援するために「気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)」を昨年12月に立上げました。

 SI-CAT立上げに伴い、ホームページを開設いたしましたことをお知らせします。

 SI-CATの活動を、ホームページへ積極的に掲載してまいりますので、よろしくお願い致します。

最初 | 前へ | 1234 | 次へ | 最後