お問い合わせ | English

公開シンポジウム「近年の豪雨災害と気候変動、今後の適応策」の開催について

岡山県において公開シンポジウムが開催されますのでお知らせいたします。
本シンポジウムは、事前登録制(入場無料)になっておりますので、 ご興味のある方は、こちらよりご登録ください。

https://form.os7.biz/f/6770d4cd/

シンポジウム:「近年の豪雨災害と気候変動、今後の適応策」

日 時:2019年08月20日(火) 13:00 - 16:30
場 所:岡山国際交流センター 2F 国際会議場(岡山市北区)

公開シンポジウム「気候変動に対する適応を考えるシンポジウム

「-気候変動と阿武隈川流域圏の将来像-」の開催について

 SI-CATでは,気候変動に伴って増加する現象(豪雨や海面上昇)等への地域特性に応じた適応策の検討・策定を支援するため,信頼性の高い近未来の気候変動予測技術や気候変動影響に対する適応策の効果の評価を可能にする技術開発を進めています.

 直轄改修100周年を迎える阿武隈川流域圏でも,気候変動に伴い増加しうる現象のリスクにも適応できる対策の強化を考えなければならない状況にあります.

 今回,気候変動に対する適応を考えるシンポジウムでは,気候変動の現状,気候変動より予測されるリスクの最新の研究やリスク対応の現状,適応策の展望を紹介するとともに,行政,研究および流域圏に関係する諸機関が一体となった気候変動に対する適応についての意見交換を行います.シンポジウムを通じて,社会実装可能な適応策の実現に向けた将来像の設計へ資することのできる提案を目指します.

公開シンポジウムの開催報告を掲載しました。

 2019年1月16日に公開シンポジウム:鳥取の今を知る、未来を考える〜気候変動とその取り組み〜(主催:文部科学省 気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)、後援:鳥取県)が鳥取県の鳥取市文化ホールで開催されました。

 開会挨拶に続いて、5件の講演を行った後、会場からの質問に答えるトークショーを行いました。
 当日は173名の方に御参加頂き、盛況のうちに終了しました。

 《開催報告はこちらから》

近未来気候でも豪雨はより強くなり連続無降水日は増加する

ー気候変動適応策の礎となる近未来気候予測データベースから導かれた成果ーについて

SI-CAT技術開発機関のJAMSTECをはじめ、同じくSI-CATに参画する気象庁気象 研究所及び北海道大学は、海洋地球科学分野等で利用されてきたJAMSTECのスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」を用い、工業化以降の世界平均地上気温が2°C上昇した気候状態を対象として、多数の高解像度温暖化シミュレーションを実施し、当該成果が1月10日付けの科学誌「Geophysical Research Letters」に掲載されました。

報道発表文の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20190110/

公開シンポジウム『鳥取の今を知る、未来を考える 〜気候変動とその取り組み〜』のご案内

 文部科学省「気候変動適応技術社会実装プログラム」(SI-CAT)の公開シンポジウムについてお知らせいたします。

 近年、地球温暖化の影響は顕在化しつつあり、温室効果ガスの排出量を抑える緩和策と、温暖化の悪影響を軽減する適応策の両方が求められています。平成30年12月に施行された気候変動適応法を受けて、今後適応に対して、国が科学的知見を提供するとともに、自治体は気候変動適応計画を策定するよう努めることとされていますが、市民、企業、民間団体も含めた、総力をあげての取組が必要です。

 SI-CATでは、気候変動に伴って増加する極端な気象現象(猛暑や豪雨)等への地域特性に応じた適応策の検討・策定を支援するため、信頼性の高い近未来の気候予測や、その気候の下でとられる適応策の効果を評価できる技術を開発しています。

 今回、SI-CATでは鳥取県や鳥取大学等と連携し、特に鳥取県民や自治体関係者等の皆さまを対象に公開シンポジウムを開催します。

 沿岸に作用する波などの外力の変化によりもたらされる影響を科学的に評価し、適応策を検討することの大切さや、日本有数の観光地であり、山陰海岸国立公園の特別保護地区ともなっている鳥取砂丘を維持することを目指して行っている沿岸域の気候変動予測と影響評価研究を分かりやすく解説します。

 シンポジウムの後半にはトークショーを開催し、会場の皆さまからのご質問にもお答えしますので是非ご参加ください。

第3回適応自治体フォーラム開催について

2018年8月28日(火)に法政大学 市ヶ谷キャンパスにおいて第3回適応自治体フォーラムを開催いたします。
参加をご希望される方は、こちらより事前登録をお願いいたします。
https://goo.gl/forms/h6gvXFYLaKIvYP2i1
また、〆切は8月20日(月)正午までとなっております。

日時:2018年8月28日(火)
場所:法政大学 市ヶ谷キャンパス

 開催報告はこちらから 

議事次第(案)
司会:田中博春(法政大学客員准教授)
10:00~10:05 開会のご挨拶とSI-CATプログラムのご紹介
木村富士男(SI-CAT プログラムディレクター・筑波大学名誉教授)
10:05~10:10 フォーラム開催の趣旨説明・全国調査の概要
田中充(法政大学社会学部教授)
10:10~10:30 話題提供①「気候モデルとダウンスケーリング技術とは?(仮)」
石川洋一(海洋研究開発機構 気候変動適応技術開発プロジェクトチーム プロジェクト長)
10:30~10:50 話題提供②「気候変動影響評価技術の全体像(仮)」
肱岡靖明(国立環境研究所 社会環境システム研究センター 地域環境影響評価研究室 室長)
10:50~11:10 話題提供③「気候変動適応法と地域適応コンソーシアム(仮)」
大井通博(環境省地球環境局総務課気候変動適応室 室長)
11:10~11:25 話題提供④「適応計画の最新事例」(仮)
大阪市環境局環境施策部環(打診中)
11:25~11:40 話題提供⑤「適応計画の国際的な動向(仮)」
内田東吾(イクレイ日本 事務局長)
11:40~12:00 話題提供⑥「適応計画の国内動向・社会実装事例の横断的紹介」
馬場健司(法政大学客員教授・東京都市大学教授)
12:00~12:30 総合討論(質疑と意見交換)
12:30~13:30 休憩(各分科会会場へ移動)
13:30~16:10 分科会(防災、農業、暑熱・健康、適応計画全般)によるワークショップ
各分科会のファシリテーター:増原直樹、土井美奈子、木村道徳、稲葉久之、小杉素子、吉川真珠美
 13:30~14:30 SI-CAT モデル自治体等による社会実装の経験・事例紹介
 14:30~15:20 現在の影響・ニーズとシーズの相互理解
 15:20~16:10 仮想的な適応策(計画)案の検討
司会:馬場健司(法政大学・東京都市大学)
16:25~17:15 各分科会からの報告と意見交換・総合討論
17:15~17:20 総括と閉会のご挨拶
田中充(法政大学)

終了後に有志による意見交換会を予定(ボナソアードタワー25 階スタッフクラブ、申込サイトにてご確認下さい)

参加予定者

・地方自治体:ご関心のある環境、農政、防災、健康部局を中心にお声がけさせていただきます(関連部局や地方研究機関、試験場などもお誘いいただけますと大変助かります)。
・SI-CATプログラムメンバー:技術開発機関、モデル自治体等、社会実装機関

気候変動に対する適応を考えるシンポジウム −阿武隈川のこれからを考える意見交換会−の開催について

 文部科学省 気候変動適応技術社会実装プログラム SI-CATでは,気候変動に伴って増加する極端現象(豪雨や海面上昇)等への地域特性に応じた適応策の検討・策定を支援するため,信頼性の高い近未来の気候変動予測技術や気候変動影響に対する適応策の効果の評価を可能にする技術開発を進めています.阿武隈川流域圏でも,気候変動に伴い増加しうる極端気象現象のリスクに適応できる対策の強化を考えなければならない状況にあります.
 今回,文部科学省 気候変動適応技術社会実装プログラム SI-CATと阿武隈川上流大規模氾濫時の減災対策協議会の共催により,気候変動に対する適応を考える公開シンポジウムを開催し,気候変動より予測される最新の災害リスクや適応策の展望の紹介を企画しました.この企画の中で,行政と研究機関が一体となり安全・安心な社会基盤構築に向けて気候変動に適応する必要性について意見交換し,社会実装可能な適応策の実現に向けて取り組みます.

【日 時】:2018年7月13日(金)13:30〜17:00(13:00開場)
【会 場】:コラッセふくしま 5F 研修室A・B
【入 場】:無料(会場:100名限定)
【共 催】:文部科学省 気候変動適応技術社会実装プログラム SI-CAT
      阿武隈川上流大規模氾濫時の減災対策協議会
【後 援】:阿武隈サミット実行委員会
      福島大学共生システム理工学類

最初 | 前へ | 1 234| 次へ | 最後