お問い合わせ | English

地球温暖化時代の水・土砂災害適応シンポジウムin佐賀県の開催について

SI-CATモデル自治体の佐賀県において11月25日(月)に「地球温暖化時代の水・土砂災害適応 シンポジウム」を開催いたします。

九州大学ではSI-CATの下で、平成27年度より5カ年にわたり,洪水・高潮災害の脆弱性が高い佐賀平野を対象として,水・土砂災害に対する適応策に関する先駆的な研究を行いました。

SI-CATの最終年度に開催する本シンポジウムでは,これまでの研究成果を報告し,これからの気候変動適応技術の社会実装に向けた方策や課題を皆様と議論できればと思っています。

日 時:2019年11月25日(月)13:00-17:30(12:30受付開始)
場 所ホテル グランデはがくれ(佐賀県佐賀市天神2-1-36)
    JR佐賀駅より徒歩8分/佐賀空港からバス35分
参加費:無料
定 員:200名
申込方法:以下の申込に必要な情報を、ide【@】civil.kyushu-u.ac.jpまで送信してください。

--- 申込に必要な情報(ここから) ---
お名前:
ご所属:
メールアドレス:
--- 申込に必要な情報(ここまで) ---

※団体でお申し込みの方は、所属ごとで取りまとめて送っていただけると助かります。
お問い合わせ:ide【@】civil.kyushu-u.ac.jp
※勝手ではございますが席数の関係上、申込人数が200名となりましたら応募を締め切らせていただきます。
 どうかご了承のほどお願いいたします。お早めにお申し込みください。

「統合的気候モデル高度化研究プログラム」公開シンポジウムのお知らせ

文部科学省委託事業「統合的気候モデル高度化研究プログラム」の令和元年度公開シンポジウムを下記のとおり開催します。
本シンポジウムでは、SI-CATから国立環境研究所 肱岡靖明氏、法政大学 馬場 健司氏も参加いたします。

開催概要

名 称:統合的気候モデル高度化研究プログラム 令和元年度公開シンポジウム
「地球温暖化に備えるために ~必要な予測、想定すべきリスク~」
日 程:2019年10月21日(月)13:00~16:15
場 所:一橋大学一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2F)
主 催:文部科学省統合的気候モデル高度化研究プログラム
入場料:無料、事前登録制
申込み:10/14(月)までに下のウェブサイトよりお申し込みください
http://www.jamstec.go.jp/tougou/event/sympo/2019/index.html

第4回『適応自治体フォーラム』開催のお知らせ

 2018年12月には「気候変動適応法」が施行され、地方自治体の気候変動適応計画策定の努力義務が明記されるなど、地域における適応の取り組みの重要性がこれまで以上に高まっているところです。
 2015年度より5か年の予定で実施している文部科学省の「気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)」は、今年度が最終年度となります。本プログラムは、地方自治体が主体的に気候変動適応策を検討する際に必要な科学的知見が得られるよう地域の将来の環境を予測する基盤的技術を整備するとともに、地域特有の気候変動の影響を考慮した適応策の立案に資するアプリケーションや策定手法に関して導入支援を行うことを目的としています。
 法政大学においては、研究プログラムの一員として、地方自治体の適応策の取り組み状況の分析、気候変動予測や影響評価に係わる技術への自治体ニーズの抽出、住民参加型の適応立案手法と地域社会の適応シナリオの開発などを実施しており、一定の成果を上げてきました。また、地方自治体の取り組み支援の一環として、これまでに3回にわたり「適応自治体フォーラム」を開催させていただき、SI-CATの気候モデル・影響評価の専門家や、全国の自治体担当者を中心に、各回とも100~150名の参加者を得て、大変活発な情報共有と意見交換の場となりました。
 本年度も、第4回適応自治体フォーラムとして、以下の要領で開催させていただきます。ご多忙のところを誠に恐縮ではございますが、ぜひ多くの皆様にご参加いただけますようよろしくお願い申し上げます。

 開催報告はこちら 

公開シンポジウム「近年の豪雨災害と気候変動、今後の適応策」の開催について

岡山県において公開シンポジウムが開催されますのでお知らせいたします。
本シンポジウムは、事前登録制(入場無料)になっておりますので、 ご興味のある方は、こちらよりご登録ください。

https://form.os7.biz/f/6770d4cd/

シンポジウム:「近年の豪雨災害と気候変動、今後の適応策」

日 時:2019年08月20日(火) 13:00 - 16:30
場 所:岡山国際交流センター 2F 国際会議場(岡山市北区)

公開シンポジウム「気候変動に対する適応を考えるシンポジウム

「-気候変動と阿武隈川流域圏の将来像-」の開催について

 SI-CATでは,気候変動に伴って増加する現象(豪雨や海面上昇)等への地域特性に応じた適応策の検討・策定を支援するため,信頼性の高い近未来の気候変動予測技術や気候変動影響に対する適応策の効果の評価を可能にする技術開発を進めています.

 直轄改修100周年を迎える阿武隈川流域圏でも,気候変動に伴い増加しうる現象のリスクにも適応できる対策の強化を考えなければならない状況にあります.

 今回,気候変動に対する適応を考えるシンポジウムでは,気候変動の現状,気候変動より予測されるリスクの最新の研究やリスク対応の現状,適応策の展望を紹介するとともに,行政,研究および流域圏に関係する諸機関が一体となった気候変動に対する適応についての意見交換を行います.シンポジウムを通じて,社会実装可能な適応策の実現に向けた将来像の設計へ資することのできる提案を目指します.

公開シンポジウムの開催報告を掲載しました。

 2019年1月16日に公開シンポジウム:鳥取の今を知る、未来を考える〜気候変動とその取り組み〜(主催:文部科学省 気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)、後援:鳥取県)が鳥取県の鳥取市文化ホールで開催されました。

 開会挨拶に続いて、5件の講演を行った後、会場からの質問に答えるトークショーを行いました。
 当日は173名の方に御参加頂き、盛況のうちに終了しました。

 《開催報告はこちらから》

最初 | 前へ | 1 2345| 次へ | 最後