お問い合わせ | English

公開シンポジウム「近年の豪雨災害と気候変動、今後の適応策」の開催について

岡山県において公開シンポジウムが開催されますのでお知らせいたします。
本シンポジウムは、事前登録制(入場無料)になっておりますので、 ご興味のある方は、こちらよりご登録ください。

https://form.os7.biz/f/6770d4cd/

シンポジウム:「近年の豪雨災害と気候変動、今後の適応策」

日 時:2019年08月20日(火) 13:00 - 16:30
場 所:岡山国際交流センター 2F 国際会議場(岡山市北区)

私は安全だ、災害のおそれがないとはいえない時代になっています。 西日本豪雨、九州北部豪雨など、近年になって、大きな被害をもたらす 豪雨が増えています。
これらの豪雨は、私たちが排出する二酸化炭素等を原因とする気候 変動(地球温暖化)により、より極端で、頻繁なものとなっています。 このシンポジウムでは、豪雨と気候変動の関連を明らかにして、 将来的に備える防災、気候変動に対する適応について、科学者の調査や 研究の成果をわかりやすく紹介し、皆さんと一緒に考えます。

<プログラム>
趣旨説明と調査報告
〇西日本豪雨からの気づきと住民意識(山陽学園大学 白井信雄)

基調報告
〇西日本豪雨の岡山の被害と要因(岡山大学 前野詩朗)

問題提起
〇豪雨への気候変動影響(京都大学 中北英一)
〇近年の豪雨災害の特徴と緊急的適応策(九州大学 小松利光)
〇地域からの気候変動への適応策(法政大学 田中充)

<パネルディスカッション及び会場との対話>
コーディネイター 白井
パネリスト 前野、中北、小松、中井(総合司会兼務)
総括コメント 田中
総合司会 中井佳絵(ボウジョレーヌプロジェクト)

主催:山陽学園大学、法政大学(SI-CAT)、岡山大学
共催:公益財団法人 岡山県環境保全事業団
後援:岡山県・岡山市・倉敷市・中国四国地方環境事務所・山陽新聞社・RSK岡山放送