お問い合わせ | English

第3回適応自治体フォーラム開催について

2018年8月28日(火)に法政大学 市ヶ谷キャンパスにおいて第3回適応自治体フォーラムを開催いたします。
参加をご希望される方は、こちらより事前登録をお願いいたします。
https://goo.gl/forms/h6gvXFYLaKIvYP2i1
また、〆切は8月20日(月)正午までとなっております。

日時:2018年8月28日(火)
場所:法政大学 市ヶ谷キャンパス

 開催報告はこちらから 

議事次第(案)
司会:田中博春(法政大学客員准教授)
10:00~10:05 開会のご挨拶とSI-CATプログラムのご紹介
木村富士男(SI-CAT プログラムディレクター・筑波大学名誉教授)
10:05~10:10 フォーラム開催の趣旨説明・全国調査の概要
田中充(法政大学社会学部教授)
10:10~10:30 話題提供①「気候モデルとダウンスケーリング技術とは?(仮)」
石川洋一(海洋研究開発機構 気候変動適応技術開発プロジェクトチーム プロジェクト長)
10:30~10:50 話題提供②「気候変動影響評価技術の全体像(仮)」
肱岡靖明(国立環境研究所 社会環境システム研究センター 地域環境影響評価研究室 室長)
10:50~11:10 話題提供③「気候変動適応法と地域適応コンソーシアム(仮)」
大井通博(環境省地球環境局総務課気候変動適応室 室長)
11:10~11:25 話題提供④「適応計画の最新事例」(仮)
大阪市環境局環境施策部環(打診中)
11:25~11:40 話題提供⑤「適応計画の国際的な動向(仮)」
内田東吾(イクレイ日本 事務局長)
11:40~12:00 話題提供⑥「適応計画の国内動向・社会実装事例の横断的紹介」
馬場健司(法政大学客員教授・東京都市大学教授)
12:00~12:30 総合討論(質疑と意見交換)
12:30~13:30 休憩(各分科会会場へ移動)
13:30~16:10 分科会(防災、農業、暑熱・健康、適応計画全般)によるワークショップ
各分科会のファシリテーター:増原直樹、土井美奈子、木村道徳、稲葉久之、小杉素子、吉川真珠美
 13:30~14:30 SI-CAT モデル自治体等による社会実装の経験・事例紹介
 14:30~15:20 現在の影響・ニーズとシーズの相互理解
 15:20~16:10 仮想的な適応策(計画)案の検討
司会:馬場健司(法政大学・東京都市大学)
16:25~17:15 各分科会からの報告と意見交換・総合討論
17:15~17:20 総括と閉会のご挨拶
田中充(法政大学)

終了後に有志による意見交換会を予定(ボナソアードタワー25 階スタッフクラブ、申込サイトにてご確認下さい)

参加予定者

・地方自治体:ご関心のある環境、農政、防災、健康部局を中心にお声がけさせていただきます(関連部局や地方研究機関、試験場などもお誘いいただけますと大変助かります)。
・SI-CATプログラムメンバー:技術開発機関、モデル自治体等、社会実装機関

◎旅費の支給
各自治体につき、分科会において積極的に意見を表明いただける方、1名の旅費を支給することが可能です。
複数の部局からご参加いただく場合、支給を受ける方を調整していただいた上でお申し込みください。
なお、上限に達し次第締め切らせていただきます。