お問い合わせ | English

JpGU-AGU Joint Meeting 2017講演『気候変動への適応とその社会実装』のご案内

 公益社団法人日本地球惑星科学連合および米国地球物理学連合が主催する「JpGU-AGU Joint Meeting 2017」にて、「気候変動への適応とその社会実装」をテーマとして講演が行われます。

 講演の詳細は以下の通りです。

【趣旨】
 気候変動による影響は台風や集中豪雨等をはじめとした自然災害リスクの増大、高温障害など農林水産業における品質・収量の悪化などがあり、今後ますます多様化・深刻化する可能性が予想されているため、これらの問題に対応することは喫緊の課題である。我が国でも「気候変動の影響への適応計画」が平成27年に策定され、気候変動の影響による被害を最小化あるいは回避し、持続可能な社会の構築を目指しており、今後地方自治体などに適応計画の策定の動きが広がっていくことが期待される。
 本講演では科学的知見に基づいた適応策の検討、策定に必要な気候変動予測データの創出やリスク評価に関する講演を期待するとともに、ステークホルダーとの共創などその社会実装に関する課題についても議論を行いたい。

【日時】
 2017年5月20日(土) 9:00 ~ 12:15

【会場】
 幕張メッセ 国際会議場 104 (国際会議場 1F) (アクセス

【備考】
 事前または当日に参加登録(有料)が必要となります。詳細は大会ホームページをご覧ください。
 http://www.jpgu.org/meeting_2017/index.htm