お問い合わせ | English

文部科学省気候変動リスク情報創生プログラム主催 気候変動の リスクを知る -ここまでわかったリスク情報-開催のお知らせ

文部科学省気候変動リスク情報創生プログラム事務局より公開シンポジウムのお知らせです。
ご興味のある方は、ホームページより事前登録をお願いいたします。
http://www.jamstec.go.jp/sousei/jp/event/sympo/2016/regist.html

日 時:平成28年9月30日(金)13:30~17:45 (13:00開場)
場 所:国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟小ホール
主 催:文部科学省気候変動リスク情報創生プログラム
入場料:無料(自由席)
申 込:事前登録(ホームページよりお申し込みください。)
    ↓シンポジウムウェブサイト
   http://www.jamstec.go.jp/sousei/jp/event/sympo/2016/regist.html

プログラム:
<講演>

温暖化により将来台風や豪雨がどうなるのかわかる、世界でも類のない大規模データセット
  高薮 出   (気象庁気象研究所 環境応用気象研究部 部長)
今後の防災・減災に気候変動予測はどのように活かされるか
  中北 英一  (京都大学防災研究所 副所長・教授)
世界的な気候変動予測の情報から地域的な気候の変化をどのようにして求めるのか
  高薮 出   (気象庁気象研究所 環境応用気象研究部 部長)
温暖化抑制目標達成のためには、どれだけCO2排出を減らすべきか
  河宮 未知生 (海洋研究開発機構 気候変動リスク情報創生プロジェクトチーム プロジェクト長)
いま起きている気候変動を解明し、将来を予測する―気候変動対策の基本情報を提供
  木本 昌秀  (東京大学大気海洋研究所 副所長・教授)

公開シンポジウムウェブサイト
http://www.jamstec.go.jp/sousei/jp/event/sympo/2016/index.html